WiMAX

 

最大の魅力は「データ通信量月間上限ナシ×料金の安さ」だ。

WiMAX 2+のサービスインに際し、「契約後2年間」という「条件付きの月間上限ナシ」を提供していたUQ。2年後に一体どうなるのか、これまで明かされていなかったが、今回、既存プランにプラス680円程の「ギガ放題」プランで「未来永劫使い放題」が確約され、ノーリミットを強くアピールしている。

 

 

その詳細をUQコミュニケーションズの廣井氏に
>聞いている記事があるので記載しておく!

 

 

・ギガ放題の仕掛け人、廣井氏

WiMAX

廣井氏はUQの中でWiMAX 2+の料金やサービスの全般を企画推進する立場にある。2009年のWiMAXサービスイン以来、ずっとノーリミットでやってきたUQであり、その魅力がいちばん支持されてきた、と廣井氏。それをWiMAX 2+でどうするかには、ずっと悩み続けてきたという。

 

話は一昨年、2013年秋、WiMAX 2+の
サービスイン時にさかのぼる。

 

 

 

WiMAX 2+化によって、速度が格段に速くなったのはいいものの、将来におけるトラフィック増を考慮すると、料金体系を見直す必要が出てきたという。実は「ノーリミット」の撤廃も含めて検討された。だが、「ノーリミット」こそがUQにとって一番大事なところ。

 

新しいサービスが開始されたばかりというタイミングでそれがなくなってしまうのは厳しいのではないかとUQで話し合いがされた。その結果、WiMAX 2+サービスイン当初は、とにかくエリアが広がるまではノーリミットをきちんとやろうということで、料金プラン上では7GB制限を課した上で、契約後2年間はノーリミットを維持するというところからスタートした。

 

それが「UQ Flat ツープラス」

 

そして今、WiMAX 2+のエリアがほぼ全国に広がり、「ヤ倍速(220Mbps化)」の目処も立ったところで、今回の料金プラン見直しが行なわれた。ライバルともいえる通信キャリア系のサービスは、各社ともに新料金プランがスタート、実質的な従量制に移行していたが、実はこの流れに乗り、それでいて通信キャリアより安い料金を維持するプランのシナリオもあったという。

 

 

 

だが、やはり死守すべきは「月間上限ナシ、使い放題」というポリシーだった。このポリシーを最大限維持する前提で、設備投資や今後のトラフィックに見合ったギリギリの線を検討してきた結果、使い放題の新料金プラン「ギガ放題」は、既存の7GB制限のプランから月額680円程のアップにおさまった。周波数を連続50MHz持つ強みや、世界初の4×4 MIMO技術やCA技術による周波数利用効率アップ、一時的に大量の通信を行なった場合に他のユーザーの通信品質を確保するための規制(いわゆるヘビーユーザー規制)、UQならではのローコストオペレーションなどを組み合わせることで実現できた価格だ。

 

 

 

WiMAX

では、おすすめWIFIは何があるの?

 

wifiの会社いろいろとあり過ぎましよね…

 

その中でも本当にお得&安心ならSo-netなら安心のサポート体制

 

 キャッシュバックキャンペーンあり.詳しくは下記で確認を!
モバイル WiMAX 2+はSo-netがおすすめのぺーじで♪

 

WiMAX

 

トップへ戻る