米アップルが2016年9月16日に発売した「iPhone 7」

 

スマホの新機種「iPhone 7」「同 Plus」の、
主要家電量販店における発売後3日間の販売実績
は、2015年9月発売の「iPhone 6s」「同 Plus」

 

に比べて42%減にとどまったみたいですね。

 

 

 

ブラック系の新色が超人気で品薄となっている
ことに加え、スマホ市場全体が低迷しているかも

 

もともとAppleが製造数自体を絞って品薄商法?
そんな所にジェットブラックだけ売れてるしね。

 

・他の色は在庫普通にあるから?

 

 

やはり割安なAndroid搭載スマホの台頭
などが影響したとみられるようです。

 

 

 

iPhone7が遂に発売されました前回のものと比べ

 

 

  1.イヤホンジャックの廃止

 

  2.物理ボタンの廃止

 

  3.防水機能(耐水?)

 

  4.デュアルカメラ(1部機種)

 

  5.おサイフケータイ機能の追加

 

  と便利な機能が追加されましたね。

 

しかし、これには賛否両論あるようですね。

 

 

というのもこれらの機能のほとんどが
Android端末の多くにすでに実装されている。

 

だから、端末としては進化しているが
スマホ業界で考えるとようやくか...、
といったような変化だったのです。

 

 

 

イヤホン穴なくしたからかニャン・・・?

 

スマホ,おとく,ケータイ,乗換え

 

トップページ

 

 

トップへ戻る