Wi-Fi(ワイファイ)」って一体何の略なの?

 

 

 

Wi-Fi(無線LAN)でインターネットを楽しむ事ができます。
さらにLANケーブルををつながなくてもタブレットやスマホをネットで映画やYouTubeを楽しむ事もできたりします。
無線LAN親機ともいいます。

 

LANとは「Local Area Network」(ローカル・エリア・ネットワーク)の頭文字で、テレビやタブレット・スマホなどでゲームなどのネットワーク接続できたオンラインゲームなども人気ですね。

 

 

 

 

 

ワイヤレスに対応した機器が必要

 

 

自宅などでWi-Fiを利用する場合は『Wi-Fiルーター』と言う機器が必要です。
近年はワイヤレスの技術が進歩して外部からさまざまなWi-Fiの家電などと連携してスイッチのON/OFFやコントロールをしたり運転状況などを確認操作が出来るようになっています。

 

 

それによりスマホを使いタブレット最新のデジタル家電を操作したり、スマホに保存している動画、ミュージックなどをテレビやオーディオプレーヤーで視聴したりもできるのです。

 

 

 

デジタル家電の連携で遠く離れくらしている母や父の安否や動画で電話も簡単に出来る様になりました。
またセキュリティ機器とON/OFFをしながら自宅や会社の守り対策もすすんでいます。

 

 

 

 

 

「有線LAN」との違い

 

 

有線LANはLAN設備の工事が必要で、仲介にスイッチングハブと呼ばれるブロードバンドルーターを(集線機器)を介して各機器(PCやTV)へ接続するのが有線LAN。

 

 

有線なのでそこから接続しパソコンやTVにLANケーブルをつなげなくてはインターンネットにつながらないのです。

 

※LANケーブルはインターネットをするときにパソコンなどにつなぐ線(ケーブル)です。

 

 

 

有線LAN良いところの1つ

 

PCなどに攻撃してくる悪意のあるウィルスのセキュリティが比較的強固にできています。

 

 

 

 

パソコン本体にLANケーブルを差し込む側にはネットワークカードと言う部品があり情報のやり取りができる規格があって、そのひとつが「1Gbpsくらいの通信速度でできるのです。

 

※1G=1000Base

 

 

 

現在主流になっている規格の1000BASE-T(1GbE)の10倍の速度を持つ新しい規格が10GBASE-T(10GbE)です。

 

※10GBASE-T(テンジーベースティー)といいます。

 

 

 

Wi-Fiまとめ

 

 

 

Wi-Fiの場合(線など無し)

 

 

ワンタッチで自動的に設定できます。
(接続する機器で、暗号キーの設定を行う必要もあり)

 

スマホやタブレットやゲーム機のWi-Fi対応機器や、LANポートを搭載したネットワーク対応のパソコンやデジタル家電を接続できます。

 

 

 

有線LANお場合(線あり)

 

 

 

 

LANケーブルで機器同士を接続しなけらば利用出来ません。
(機器ごとに手動で設定する必要があり)

 

パソコンやデジタル家電をLANポートを搭載したネットワーク対応機器をLANケーブルで接続できます。

 

 

 

 

 

ポケットWi-Fi

 

 

また外部へ道運べるポケットWi-Fiルーターも便利なので大人気ですね。

 

2000円代から4000円代が月の利用額として多くのシェアをしています。

 

 

 

 

関連記事:GMOとくとくBB WiMAXとは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る